敏感肌を改善するには

敏感肌になっている原因を取り除けば、敏感肌は改善される確率は高くなります。アレルギーであればその治療をしっかり行うことで、肌の健康も取り戻せます。

 

ストレスをなくし、不規則な生活を改め、栄養バランスのとれた食事をするなども敏感肌だけではなく、心身の健康にも効果が期待できます。

 

乾燥性の敏感肌であれば、部屋の湿度対策をする、日焼け対策をする、刺激の強い化粧品の使用を避けるなどが必要です。

 

スキンケアの方法も見直すことが必要です。必要以上に洗顔をしていないか、洗顔の際の力の入れ具合や、スキンケア用品、パック剤などに配合されている成分に刺激のあるものはないか、などをチェックしてみることも大切です。

 

敏感肌になってしまったら、使っているスキンケア化粧品は必要最低限だけにすることも大切です。特に美白、アンチエイジング化粧品は肌への負担が大きいものがあります、使用を控えてみましょう。

 

敏感肌になると肌を守るバリア機能が低下してしまうので、乾燥すると同時に外部からの刺激を受けやすくなります。
なので、肌を守るとともに保湿をしてくれるクリームでケアをすることが重要となります。ただし過剰な加湿もまた過敏肌を進行させてしまうので注意が必要です。

顔汗が気になってしょうがない女性の方へ

アトピーやアレルギーの肌の人は

アレルギー・アトピーの治療は症状のレベルにもよりますが、ステロイドを使用します。ステロイドは副作用などデメリットもあり、なるべくなら使いたくない薬です。

 

症状が緩やかな場合は保湿性のある低刺激のクリームを使用します。
「シルラクリーム」は非ステロイド剤に代わる肌に優しいケアクリームとしてアレルギーやアトピーの人に使われています。

 

成分には抗アレルギ作用がある「オウゴン」と抗炎症作用がある「オラバク」が配合されています。
ただし、シルラクリームはステロイド軟こうで症状が改善した後に使用します。

 

アレルギー・アトピーの方は通常の敏感肌用のクリームではなく、より低刺激のクリームを選ばなくてはいけません。

 

乳化剤や合成界面活性剤をはじめ香料や防腐剤、パラペン、エタノールが配合されていないものを選んでください。

 

アレルギー・アトピー肌に使用するクリームに配合される成分は、尿素(角化症や老人の乾皮症に)、ヘパリン類似物質(粉ふき肌)、抗ヒスタミン剤(かゆみを抑える)、セラミド(敏感肌に)、ビタミンE(ひび・あかぎれなどに)などです。

 

《最新版》ニキビケアおすすめランキング※ニキビを治す方法を徹底解説